人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ワカゾウ代表取締役による活動報告


by shota-s

無知の知

  ソークラテースさんのイメージと言えば、寸胴で日に焼け、コミカルながらも迫力あるエネルギッシュな「あー言えばこー言う」親父、日本人が扮するなら俳優の西田敏行さんであろうと勝手に思い、彼に「このバカ」と言われながら、アテネの街を議論しながら練り歩く妄想をよくしている。とても気持ちがいい。

  のっけからイッてしまっているが、私は気がつくと、ともかくも歴史的偉人や過去の無名の方々と会話する妄想癖がある。不遜覚悟で、社会全体への意識を強くもった偉人たちと共通のプラットフォームにいるんだというよがりが気持ちいいのである。

  電車でがたんごとん揺られているとそのまま、対話がスタートするもんなのである。ちなみに疲れがピークになると対話はひっこみ、大抵は「だんご三兄弟」とか「おしりかじり虫」やら「さかなさかなさかなー♪」なんて歌として存在する中で最も無意味な曲が頭を駆け巡る。過去、無意識に声を出して歌って危ない人と思われたことも数度ある。我ながら書いていてヒーテしまうが事実だからしょうがない。
 ソークラテースの産婆教育法は実に優れていると思う。無知の自覚というものを、価値としてやたら高いものとして扱っているセンスは本当にステキだ。

 もういいおっさんの年齢になった私であるが、この年になっても、いまだ私の周りには罵詈雑言、もとい叱咤激励くださる諸先輩方が多くいる。アチラコチラで「ばか」「ぶた」「しめころすぞ」「のろいころすぞ」といった人格全否定のアクセント付きで頭を使わず、さぼる暇を与えないような調教をありがたいことにしてくださるのである。これは本当にありがたいことである。

  先週の日曜日、仕事中、そんな師匠の一人、シャア大佐と普段はお呼びし、心からお慕い申し上げておる方に、叱咤激励を受け、目に涙をためているさなか、ふと「でも章太郎は無知の知を知る男だからな」と言ってくださり一気に昇天した。もともとマゾッ気が強いと自覚している自分は、さんざなぶられた挙句の「無知の知」。うれちい。

  確かに頭の良い方にこれでもかと出会い、これでもかと才能を見せつけられてきたので自己評価できるポイントがあまりにも乏しかった。んが逆転の発想たる褒め方(実は皮肉だったような気がいましてきた)をしていただき、「自己へのゆるぎない疑い」を体現していることはしていると、薄々いやらしくも自負していたポイントをついて下さり、すっかり自己評価が上がったのである。

  しばらく一週間は過剰に「自分は無知の知を知る男だ、どーだまいったか」という表情をして電車に揺られるであろうが、すでにバカにつける薬はないなとあきれられていることもウスウス感じるのであった。なんだこれ。
# by shota-s | 2012-09-12 13:53

ひとりよがり その1

一昨日、話題の中で偶然、自由民権運動について話す機会があった。
あっ、つまんないって声がまたまた聞こえてくる気がするが、間違いなく気のせいであろう。
歴史といえば信長、龍馬が代名詞だけど私の中では自由民権運動家だったりする。

話はと言うと、日本にも小さな政府を標榜した政治活動がかつてあった。この事実をアイコン化し、現代における草の根保守の政治的気運にすべし♪というお話である・・・(本当にそうだったかな?書いててズレが出てる気がしてならないが、これも気のせい)。

対する私は、共感する想いというか、自由民権運動が話題になったことそれ自体に図らずもすっかりラリってしまった。どうかしている。ラリきった私は、多様な政治思想が伝播し、どれを基軸として政治に反映させるのかという視点を重視して政治活動が生じた時期、それが明治初期、戦後直後にあるとかなんか言ったような・・てなこともあり、ビッグデータの選挙分析も佳境に入りつつある現在、ブログアップの期日も大幅に遅れ、まっしゅの殺気に冷や汗たらりんこの現在、突如自分のルーツを語りたくなったので語ってみる。というかなんとなく忘れるかもしれんので覚書として書こうとも思うのである。

トクヴィルがその著書「アメリカのデモクラシー」の中で「近代個人主義の時代に入った人間は、自分の内なる判断のみに依存して生き抜くことに誇りを持つ素晴らしき存在である。と同時にまた一方で、他に頼れないこそ、まことに不安な存在である。よってその不安にはとてもじゃないが耐えがたいゆえに、どれほど外にある絶対的価値観がその価値に根拠なしとわかりきって相対化していたとしても、それでもそれでも、その外なる根拠なしの価値の切れ端でもいいから頼りにしないでは生きられない、実に近代人はツライナー的なことが書かれてあったはず・・・、あくまではずである。

私にとってその、頼りがいはないけど!わかっちゃいるけど!頼るしかない価値が、大きな物語がメインではなく、ご先祖様の話なのである。よくある先祖自慢と何が違うこのばかと言われるんであるが、でもでも、それに依存して青春時代の精神を陶冶したんだから、私のアイデンティティの根幹をなす、身近でひとりよがりなステキな物語になっているのである。

私の母は馬場郁子と言い、気品がある女性である(マザコンだな)。近いところから言うとその父が信次郎(私の祖父、海軍所属)、信次郎の父が氏連(うじつら、海軍所属)、そのまたパパが源馬といって、土佐藩の山内容堂の頃土佐藩の勘定奉行などをツトめている。この源馬の子であり氏連と兄弟なのが来八(らいはち)。来八の子に自由民権運動家の馬場辰猪、そしてその弟の文学者孤蝶がいるのであった。はあはあ。系譜書くのはめんどいし、これまた記憶の隅っこつついとるだけだからズレとる気・・・あーもー!!

こほんっ・・・馬場辰猪については家庭内で、よく話題にのぼっていた。彼の話が出ると多少、磁場が変わるので、なんとなく幼少の私もキリっとした表情をしながら聞いていた気がする。私のひいじいちゃんにあたる氏連は明治天皇の囲碁相手でもあり、山岡鉄舟とも仲が良かったという(いやらしいな)。氏連は才気あふれる辰猪を愛し、死ぬまで温かい交流をしつづけたという。辰猪の金のカフスボタンをペンダントにしたものを母はもらって大事にしていたが、辰猪の評伝を記した萩原延壽さん(そのうち長々書きたい尊敬する学者でもある)が取材にきたとき、持って行ってその後返却されてないと少しさびしそうに言っていた。そして彼の評伝を幼い私は読み読みしながら、半解ながらも、その考え方やらを刷り込んでいったわけである。さてまたブログの量が多くなってきてし、飽きてきたから続きは次回にします。
# by shota-s | 2012-09-07 00:51

日曜なのに終電



多忙さという恍惚さ、とか歴史的正義に同化してるんだもんねの伝統保守美学やら、変態スレスレの様々な動機誘発物語をとっかえひっかえ、タヨーに組み合わせしきって連日動き回っております。

 相対世界のスパイラルから逃れられずに弱体化した古代ギリシャのデモクラシーにすらもなれない日本のデモクラシー政治。それでも絶望なんてしないもんねとネチネチネチネチと食い下がる正義の美学・・・・・の濃度の低さに身悶えて笑顔で終電に今日も揺られております。

 久々に出会った集団に今日も太ったデブったとやんや言われ・・・・たのに羞恥心はビタッと微動だにもせず、腹を突き出してウリウリする自分に青春の終わりも強く実感して揺られております。

 まっしゅはこれでもかと、うほほーい♪と遊び狂ってわたひを挑発しておりますにゃろめ。

 そういえば6月に検査で胃がんの疑いありと数値が出たがゆえ、ここぞとばかり「いたわれ、いたわってオクレ」と喧伝したあげくの大腸の再検査で痔だったいうオチがつき、さんざ馬鹿にされる威厳の無さにびっくらこいたことも思い出しながら揺られております。

 ブログなのに文がナゲーんだばかと言われたようなことも想起したとこだし、だいたいあちーので今日はゆるゆるブログでアップして終わります。次回は威厳回復をねらいます。
# by shota-s | 2012-08-27 01:18
 諸々の事情から、いきなりではあるが、いささか気乗りしない気分でブログを書きなぐるのである。

竹下登よろしく言語明瞭意味不明どころか言語不明瞭、意味も不明で書ききるのである。えへん。今は2012年8月である。混乱期の始まりの時代とも言える今、政治制度であるところの民主主義を、なにがしかのその理想を踏まえつつも、現実として、日本社会はこの「他よりまだマシ」制度をどう運用せざるを得ないのか。

 こんな問題提起が優先順位のベスト5に入ってきていると勝手に思っている。最初に断っておくと私は民主主義を何も否定する気はない。人類が多くの苦しみと悔しみと悲しみを糧に熟成させてきたものを否定できるわけがない。とはいえ、まだまだ熟成させる必要があるにきまっている。その熟成させる役割の微粒子がこの私である。誇りなのか自己卑下なのかわけがわからないが、そんな気持ちがある。だからどうしたという声も聞こえてくる気もするが、そうなんだからしかたがない。

 議論の域にとどまらずに面倒くさい現実の地平に立ち入り、森を掻き分け、森を分析する行動を起こすという世代の役割を強く実感してやまないでもいる。

 自らのアイデンティティの充足感を満たしたいがゆえに正義や愛国という美学ストーリーに乗っかるのも大いにけっこう♪悪くないであろう(もちろん、ゆるぎない疑いを内包するならという条件つきである)。しかし、おそらく美学の陶酔などなくとも「そうせざるを得ない」そんな心境で動く人々が今徐々に増えていると気楽に直感する気持ちもさらに自分にはある。

 サンデル本と格闘する意義ある時間を減らし、あるいは自堕落さに憧れるほどに疲労困憊の日常仕事から帰還した後にさらに時間を設けて持続的社会運用実現の礎に時間を費やす、そんな恐ろしく難儀な時期に入っていると自分は思う。
 
 今は維新の志士の時代どころか室町末期の戦国時代前夜に近い、英雄的時代は孫の世代かひ孫の世代であって、あえて言えばわれわれは捨て石世代としてのイビツな美学を胸に宿すぐらいであって、生きがいも幸福も歴史的評価もあまり相手にせず、(全く相手にしてないとは言わないが、アイデンティティの支えにまではしないということ)淡々とまだマシな世界を構築する緒にある、そんな自覚で今を動く世代なのだと考える。

 戦争世代に比すればマシな世代、精神が極限になりようがない戦争すらもない世代 色々な倫理すとーりーに挟まれながら淡々と礎たりえるのである。

 民主主義という制度の限界とその自覚の実感があってこそはじめて、その周辺に必要十分な条件、補完的諸要素も意識化され優先順位も明示され、混乱期にふさわしい濃度や相関する変数も次々と露わにすることができるであろう。

 よって、まずはその政治的議論をするに足るネタ、つまりある程度の精度のある統計データに基づく政治イシューを提供する土台づくりの時期だと認識し、ワカゾウはビックデータと日本の地方選挙という、その根幹に勇猛果敢いや猪突猛進で踏み込み、世論形成の実体をデータから明らかにするプロジェクトに今踏み込んでみました2012夏♪を過ごしているのである。

 よってよって、今しばらくは、このビックデータと地方選挙から読み取る日本人の世論形成をテーマに更新していくつもりである。あくまでつもりだから気が変わることもある、おわり。P、S けっこう書いているところみると気乗りしたみたいである。
# by shota-s | 2012-08-19 23:06